可能な限り無痛なむし歯の治療

むし歯は進行度合いによって、症状と治療法は異なります。当然のことながらむし歯が侵襲した範囲が大きくなると削り取る部分も大きくなり、更に神経まで達しているとむし歯を削り取るだけでなく神経を取り除かなければいけないケースもあります。

 

症状と治療法[むし歯編]

▼ 神経まで到達していない状態  ▼ 神経まで達した状態  ▼ 神経のない歯が痛む場合

 
 

神経まで到達していない状態
症状
症状としては神経に達していないので痛みを感じていない場合があります。但し、痛みが出ていないだけで実際には進行していることがあります。もちろん痛みを冷水がしみて痛い場合や、歯が黒ずんで 目に見える場合もあります。

治療法

むし歯に侵された箇所を削り取り、前歯であれば見た目を重視して代わりに白いプラスティック素材で詰め物をします。奥歯は前歯に比べて力が加わるために耐久性が必要になります。まず削ってから型を取り、金属等の加工を行ってからセットします。そのため数回の来院が必要になります。

 
 

神経まで達した状態
症状

症状として歯に穴が開くために冷たいものがしみるだけでなく、熱いものもしみる場合があります。噛んだ時に痛みを感じるだけでなく、何もしていなくてもズキズキします。また虫歯が神経まで達した場合には神経内部でもむし歯の感染が広がっています。

治療法

神経が感染していると判断した場合は、神経を抜き取る抜髄処置をします。麻酔して歯の神経を取り除き、内部を綺麗に洗浄するための薬剤消毒で、何度か通院が必要となります。消毒が終わると空洞の箇所に詰め物や被せ物をします。なお、削り取った大きさによっては強度を増すために内部に土台を形成したり、歯を形成するために型取りから作製、接着の工程を行います。

 
 

神経のない歯が痛む場合
症状
歯医者で抜髄を行った歯でも、噛んだり押したりすると痛みを感じる。また強い痛みを感じなくても、違和感を感じる程度の症状の場合もあります。

治療法
以前に神経を取った歯でも、根の先に膿が溜まって痛むことがあります。歯の根の先にある膿を出すために詰め物や被せ物を取り除き、内部の土台も削り取ります。根の中の空洞の詰め物を外して膿をなくします。膿がなくなるまで薬剤を使って治療を継続し、その後再度土台や被せ物の作製、接着の工程を行います。