感染根管(かんせんこんかん)処置は、むし歯などにより歯の神経が細菌に感染した際、感染して死んでしまった神経を除去し、根尖性歯周炎を抑えていく治療です。抜髄処置と違って、細菌などに感染した状態から無菌状態にする為に処置の難易度は飛躍的に上がります。

根管が感染に至るケース

  • 神経まで達するようなむし歯を、そのまま放置していた。
  • 以前に神経を抜く処置を行った部分が再感染した。
  • 歯が割れたり、歯周ポケットが深くなり、そこから根管の内部に細菌が進入した。

感染根管に対しては通常、根管治療(この場合の根管治療のことを、感染根管処置と呼んでいます)を行って根管内の細菌を除去する必要がありますが、感染根管治療を行っても十分に感染の除去が出来ないこともあり、その場合には歯根端切除術(前歯の単根歯が対象)が必要になったり、それでも効果のない場合は抜歯になってしまう場合もあります。

 

症状と治療法 [感染根管処置編]

根管が感染した状態
症状
症状として痛みは感じないが、疲労がたまっているときや体調不調のときに歯の付け根あたりにうずきや鈍痛を感じたり、噛んだり、歯肉を押すと違和感がある。また目に見える形で、歯肉が腫れを繰り返したり、歯肉に小さな穴が開いて膿が出ているなどです。

治療法
むし歯に侵された箇所を削り取り、前歯であれば見た目を重視して代わりに白いプラスティック素材で詰め物をします。奥歯は前歯に比べて力が加わるために耐久性が必要になります。まず削ってから型を取り、金属等の加工を行ってからセットします。そのため数回の来院が必要になります。


 

根管感染処置後の状態
症状
一時的にズキズキする痛みや腫れが出る場合があります。これは根管感染処置をはじめて感染箇所を取り除くと、体が治ろうとして感染源を押し出そうとする為です。また稀に隣の歯や、噛みあっている歯などの他の部位が原因で痛みを感じる場合があります。

治療法
原因によって治療法が変わります。考えられる原因として、歯髄炎、急性根尖性歯周炎、歯根破折、薬の不適合など様々です。

 

口腔疾患を未然に防ぐための予防処置や定期検診をお勧めておりますので、予めご予約(電話・メール・LINE)をお取いただきご来院下さい。