抜髄(ばつずい)処置は、むし歯などにより細菌に感染した歯の神経(歯髄)を除去する治療法のことを言います。この段階では歯髄は生きています。歯髄は歯の象牙質内まで入り込んでおり、歯の再生、異常の伝達、歯の強度を保つ機能があります。その歯髄を抜髄することは、歯の再生能力を失ってしまいます。その為に歯の強度を増すための処置も並行して行う必要があります。

 

症状と治療法

神経が感染した状態
症状
症状として歯髄が炎症を起こしている場合は激しい痛みが出ます。また激しい痛みは出ていないが、むし歯を治療中に神経が露出してしまった場合にも抜髄を行う場合があります。

治療法
むし歯に侵された箇所を削り取り、前歯であれば見た目を重視して代わりに白いプラスティック素材で詰め物をします。奥歯は前歯に比べて力が加わるために耐久性が必要になります。まず削ってから型を取り、金属等の加工を行ってからセットします。そのため数回の来院が必要になります。

 

 

口腔疾患を未然に防ぐための予防処置や定期検診をお勧めておりますので、予めご予約(電話・メール・LINE)をお取いただきご来院下さい。