子供を虫歯から守るシーラント

シーラント処置とはお子様の奥歯や前歯の噛み合わせ箇所にある溝にプラスチック樹脂やセメントを埋める処置のことです。期待される効果としては、溝を埋めることで溜まりやすい汚れから歯を守ることでむし歯を予防します。乳歯の奥歯や、生えて間もない6歳臼歯に行います。

 

シーラントのメリット・デメリット

メリット

    • 歯質が未熟な子供の歯をむし歯から守る
    • 歯を削る必要がない
    • 歯ブラシがしやすくなる

デメリット

    • 歯の溝にしか接着出来ない
    • 強い力が加わると外れたり、割れたりする場合がある
    • むし歯を残して埋めると、効果がない

 

シーラントに関するよくある質問

Q. シーラントを行うのはいつが良いのでしょうか?
A. シーラント処置を行うのに最適な年齢は、乳歯の奥歯が生えそろった時点が最適です。もし不安な点がありましたら、お子様と一緒にご来院下さい。

Q. シーラントの予防効果は、どれくらい持続しますか?
A. シーラントは汚れが溜まりやすい歯の溝を埋めることでむし歯を予防するので、シーラント自体がむし歯菌を死滅させたり、またむし歯の自然治癒を助けるものではありません。シーラント処置を行ったからといって歯ブラシなどの清掃活動を適切に行わなければむし歯になる可能性は抑えられません。

Q. シーラントは保険が適用出来るのでしょうか?
A. シーラントはあくまでもむし歯の予防処置であるために、保険が適用出来ません。但し既に臼歯がむし歯となっている場合などは保険が適用出来る場合もありますので、お子様とご来院頂き、まずは検査を受けて下さい。