疾患を早期に発見する歯科検診

お口のトラブルはむし歯だけではありません。むし歯以外に、歯肉炎・歯周病・口内炎・歯槽膿漏・歯髄炎・根尖性歯周炎・歯列不整・不正咬合・歯数異常・萌出位置異常・腫瘍・歯牙破折・嚢胞・舌炎・顎関節症・摂食嚥下障害…など、これらも口腔疾病の一部であり、他にも多くの口腔内疾病が存在します。

 

定期的な歯科検診を受けることは、口腔疾患の早期発見となる場合があります。どうしても不定期だったり、長期に口腔内をチェックしていないと口腔内の変化に気付きにくい場合もあります。家事や仕事、学業、その他活動などでお忙しいとは思いますが、ご自身のお口の健康を守るためにも半年に1回程度は歯科検診に通いましょう。

またセルフケアで落としきれない歯石や汚れなどを専用機器を使ってクリーニングするプロフェッショナルケアを行うことで、むし歯や歯周病になりにくい口内環境を作ります。

 

歯のクリーニング「PMTC」

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル・メディカル・トゥース・クリーニング)の略で、直訳してもわかる通り、プロによる機械を使った歯のクリーニングです。つまり、歯科医師や歯科衛生士がさまざまな機器とフッ素入り研磨剤を使って歯面を清掃することです。プラークは多くの細菌により出来た膜状のバイオフィルムです。このバイオフィルムの中にむし歯や歯周病の原因となるミュータンス菌などが棲み付き増殖していきます。

その歯磨きなどでは落とすことができないくらい定着してしまったバイオフィルムを除去できるのがPMTCです。PMTCはフッ化物配合ジェルを塗布しながら回転ブラシで歯の表面を研磨することで、むし歯になりにくいよう汚れ等が付きにくいツルツルの歯面にします。

PMTC(プロフェッショナルクリーニング)の特徴
    • お口の中が爽快に
      歯石除去とは違い、歯垢を除去することでお口がすっきりします。

 

    • 歯の表面がピカピカに
      ブラッシングでは取り切れない歯の汚れ(バイオフィルム)を取り除くと共に、表面をピカピカ・ツルツルに仕上げることで汚れが付着しにくくなります。

 

    • 虫歯の予防に
      ブラッシングでは取り切れない細菌を取り除きます。

 

    • 歯周病の予防に
      ブラッシングでは届かない歯周ポケットの中の細菌も取り除きます。

 

    • 歯質の強化に
      クリーニング後のフッ素塗布で歯質を強化します。

 

PMTCの流れ

1 口腔内の観察

口腔内で汚れが溜まりやすい箇所などをチェック。お口の中を拝見して歯の生え方や、汚れが付着しやすい箇所などを確認します。当然個人差があるため、しみる箇所や出血が多い箇所などを伺いながら様々な情報を把握していきます。
また歯垢の染め出し液を使用したり、ミラーなどで歯ブラシが届きにくい箇所をチェックするなどしながら、毎日のブラッシングで磨き残しがあるかを確認します。

2 状況の説明

口腔内のチェックによって、ご自身では気づきにくい歯ブラシの癖や、磨き残しのある箇所などをお伝えします。

3 クリーニング

研磨剤と専用器具を使用しながらプラーク(歯垢)や着色汚れを落としていきます。器具では落としきれない歯と歯の隙間の汚れは、デンタルフロスや専用チップを使用して除去します。

4 フッ化物塗布

研磨剤を完全に洗い流し、歯の表面にフッ化物を塗ります。フッ化物を塗布することで、むし歯になりにくくする効果があります。