見た目に工夫を施す入れ歯作製

ご自身の歯を失った場合に、その審美性や機能性を補完する治療法です。歯を失った部分にのみに使用する部分入れ歯と、上顎または下顎の全ての歯を失った場合は総入れ歯をお作りします。

 

 

歯を失ったままにすると正常に噛み合わせが出来ないだけでなく、全身に対して悪影響を与えることが最近の研究でわかってきています。また噛みにくい状態のままで適合していない入れ歯を長期間使用していると、さまざまな問題を引き起こします。

 

当院の入れ歯作りのポイント

 

    • 使う人に寄り添った入れ歯作製
      年齢や病態、ライフスタイルなどを考慮しながら、患者様に最適な入れ歯を作成しております。

 

    • 細部の工夫で、見た目も美しく
      噛めるだけでなく、顔貌とマッチするよう工夫しています。例えば鼻の下のシワを目立たなくして欲しいという要望にも見えない箇所に細工を施し、入れ歯をしていることがわからないよう見た目を重視した治療を行っています。

 

    • 理論と技術で、抱える問題を解決
      使用前は「入れ歯を使ったら、かえって食べにくくなるんじゃないか」や、「掃除や管理が面倒だ」と思う方は多くいらっしゃいますが、きちんとした理論、技術での入れ歯の治療を行えば、ほとんどの場合は問題を解消できることが多いのです。

 

    • 多彩なメニューやオプションでご希望やご要望に合わせた提案
      入れ歯を作る際には、見た目が気になる、使いやすさを重視する、食べ物の温度を感じたい、違和感がなく口にフィットするものを使いたい、など様々なご希望、ご要望があります。それらに応える作成方法や費用面などをご相談しながら、最善のご提案を致します。

 

 

デンチャー(入れ歯)の作製プラン
  1. レジン床義歯
    部分入れ歯は金属製のバネなどで固定します。レジン床の入れ歯は保険が適用できます。修理がしやすい利点がある一方で、素材はにおいや汚れは付きやすい。
  2. 金属床義歯
    床が薄く丈夫で快適な入れ歯です。使用する金属には人体に影響の少ない素材(ゴールド、チタンなど)を使用します。
  3. 磁性アタッチメント義歯
    装着箇所に近づけると、磁石によって吸い付きます。わずらわしいバネ等がないために簡単に着脱出来て、体が不自由な方には最適な入れ歯です。

 

レジン床義歯
保険適用
装着感:★★★☆☆
軽量感:★★☆☆☆
熱伝導:★★★☆☆
耐久性:★★★☆☆
審美性:★★★☆☆
強度が弱いため、厚みが出ます。
部分義歯等はバネが必要になります。
金属床義歯
保険適用外
装着感:★★★★☆
軽量感:★★★★☆
熱伝導:★★★★★
耐久性:★★★★☆
審美性:★★★☆☆
金属床は薄くて軽く、さらに丈夫です。
飲食物の冷たさや熱さを感じやすい。
磁性アタッチメント義歯
保険適用外
装着感:★★★★★
軽量感:★★★★☆
熱伝導:★★★★★
耐久性:★★★★☆
審美性:★★★★☆
磁性金属を入れるため、バネが不要。
バネがなくなり見た目も改善されます。